トップ / 抗老化の為に紫外線対策を

保湿アンチエイジング

抗老化の為に紫外線対策を

紫外線対策でアンチエイジング

アンチエイジングには乾燥対策だけではなく、紫外線対策も重要です。エイジングサインの大きな原因である紫外線による肌のダメージは、光老化と言われています。
肌老化の原因の8割は光老化と言われていますので、抗老化を考える時には紫外線対策は欠かせません。

紫外線にはA波、B波、C波があり、肌に届くのはA波とB波です。B波は表皮の組織を傷つけてメラニンをたくさん作り出しますので肌が日焼けして黒くなりシミを作る原因になります。A波はさらに奥深くの真皮まで到達し、真皮内のコラーゲンなどを変形させてしわやたるみの原因になります。紫外線の対策を何もせずに太陽光を浴び続けることで起こる肌老化が光老化なのです。

<紫外線対策にも保湿が重要>

日焼け止めを塗れば、紫外線対策は終わりというわけではありません。
乾燥している肌というのは、潤っている肌に比べて焼けやすいのです。魚でも生魚よりも干物のほうが焼けるのが早いのと同じですね。
ですから紫外線対策をする時には、日焼け止めを塗る前にまずしっかりと保湿をすることが大切です。特に夏場は汗をかいて肌がべたつくこともあり、つい乾燥していることを忘れがちです。汗をかいている肌というのは肌の内側の水分が蒸発している状態ですので、メイク直しの時や日焼け止めを塗りなおす時にもまず保湿からです。普段より日差しに当たることが多かった日は紫外線対策をしていても肌は乾燥していますので、夜のケアでの保湿もいつもよりしっかりと行います。

うっかり紫外線対策を忘れて日焼けをしてしまった時は、どうしたらいいのでしょうか。
日焼けは軽い火傷と同じですので正しい応急処置が大切です。まずは冷水や冷たいタオルで肌をしっかりとクールダウンします。日焼けをした時は肌の奥まで熱を持っていますので、冷やすことは重要です。
そして肌の内側はからからに乾いていますので、水やお茶をしっかり飲んで十分体の中も水分補給をします。その後、肌の状態に合わせて刺激のない化粧水でたっぷり水分を補ってクリームで肌を保護します。しっかりと保湿をすることで、日焼けで傷んだ肌の回復も早まります。

Copyright © エイジングサインとは. All rights reserved.