トップ / アンチエイジングの基本は保湿

保湿アンチエイジング

アンチエイジングの基本は保湿

保湿で始めるアンチエイジング

エイジングサインが出る原因は紫外線や加齢による乾燥ですので、アンチエイジングには保湿をして乾燥させないことが重要になってきます。
保湿というのは、単に化粧水で水分を補うことではありません。肌が乾燥しすぎないように湿度を一定に保つこと、水分と油分のバランスが取れてしっかり保湿できている状態にすることが健康的な美肌には欠かせません。

元々健康な肌の角質層には、保湿成分があります。
肌の角質層にある天然保湿因子、細胞と細胞の間を埋めているセラミドのような細胞間脂質、肌表面の皮脂がバリア機能を作っています。皮脂膜が水分のうち2-3%を、天然保湿因子が17-18%を、細胞間脂質が残りの80%の水分を保持しています。

ですがこの元々備わった保湿成分は、加齢や紫外線などにより減っていき保湿力が落ちてしまいます。そこで、エイジングサインに気付いたらなるべき早く保湿ケアをしてあげることが、アンチエイジングには大切なのです。

<保湿でアンチエイジング>

日々の生活の中で一番肌が乾燥している時は洗顔後です。洗顔によって皮脂が洗い落とされているため、肌は無防備になっていて乾燥しやすくなっています。乾燥を進ませないためにも洗顔をしたらすぐに化粧水、乳液、美容液などを使ってケアをすることです。

肌のエイジングサインが出ている時は、スキンケアをした後にまだ肌の乾燥が気になる時があります。朝スキンケアをしても日中に肌が乾燥していると感じる時は潤いが足りていない証拠です。
かさつきが気になる時には毎日の保湿ケアだけではなく、保湿パックなどでスペシャルケアをして、肌の保湿力を高めてバリア機能の正常化を手助けします。乾燥が気になるからと長時間パックをすることは余計肌を乾燥させる原因にもなりますので、気をつけてください。
正しい方法で保湿をすることでエイジングサインを予防して、肌の老化を食い止め美肌を目指しましょう。

Copyright © エイジングサインとは. All rights reserved.