トップ / 洗顔でアンチエイジング

保湿アンチエイジング

洗顔でアンチエイジング

洗顔でアンチエイジングをしよう

洗顔は一番の基礎で、美肌作りには欠かせないものです。
いつもばっちりメイクをしているのに、メイク落としをする時はさっと時短で手抜きになってはいないでしょうか。そういうお手入れをしていると、肌に残ったメイクの汚れや皮脂が酸化して、肌の老化の原因になります。
健康な肌は体内の水分を肌まで引き上げて水分で満たす、化粧水のような役割を担っています。皮脂は乳液のように肌表面を覆い、肌のバリア機能を作ります。その中で肌が肌の力だけで出来ないことは、肌自体の汚れを落とすことなのです。汚れが溜まった肌では、健康な肌なら出来るはずの水分と油分のコントロールが出来なくなっていきます。ですから洗顔でしっかり汚れを落とすということは、美肌作りには欠かせないことなのです。

まず洗顔をする前には一度手を洗います。手を洗うことで洗顔料もよく泡立ちます。それから洗顔料をしっかりと泡立てて、きめ細かく弾力のある泡を作ります。指が肌に直接触れないように泡を載せるイメージで、Tゾーンや顎など皮脂が多い部分から洗っていきます。目元や口元は乾燥しやすいので、泡を載せるだけで十分です。
その後、体温以下のぬるま湯を使って20回以上すすいで肌に泡が残らないようにします。顔と髪の生え際あたりは泡が残りやすいので丁寧に洗います。
洗顔後はごしごしタオルで拭くのではなく、水分をタオルに吸収させるように水分をふき取ります。終ったらすぐにしっかり保湿して、水分が逃げないようにします。

<美容成分で洗顔してアンチエイジング>

洗顔料を使えば、何でもいいというわけではありません。
洗浄力の高い洗顔を使うと、水分や油分が落ちすぎてしまい洗顔後に顔がつっぱることもあります。元々乾燥肌や敏感肌という人の場合は、洗顔をすることで潤いを落としすぎてしまいます。
そこで美容成分配合の洗顔料を使えば、汚れは落とすけれど肌に必要な潤いは残したまま洗うことができます。

アンチエイジング成分としてプラセンタやコラーゲン入りの洗顔料もあります。
肌が乾燥するので洗顔料を使って頻繁に洗うのが嫌だという人も、美容成分の効果で洗い上がりがさっぱりしているのに肌がもっちりしっとりしていると感じられます。

Copyright © エイジングサインとは. All rights reserved.